俳優のレオナルド・ディカプリオが、『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカー役を断っていたことを明かした。


ディカプリオは、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の中でアナキンを演じないかとオファーされたが、当時その役を演じるための心の準備ができてなかったため出演を辞退し、ヘイデン・クリステンセンに同役が渡ったとショートリストのインタビューの中で告白。「ジョージ・ルーカスとミーティングも行ったんだけど僕はその役にチャレンジする心の準備ができてなかったんだよ。当時はね」と語った。

そんなディカプリオは、将来的にスーパーヒーローの役を演じる可能性も示唆しており「スーパーヒーローものの映画の中に登場する複雑なキャラクターたちはどんどん良くなっていっているよね。まだ僕は演じたことはないけど、その可能性を除外しているわけではないんだ」と続ける。

その一方で、過去の自身の出演作を見ているととても感情的になることもあると語るディカプリオ。「『ギルバート・グレイプ』や『ボーイズ・ライフ』なんかを見ていると時々感情がたがぶることがあるんだ。子供の頃のような気分になってね。ただ本当にこんな撮影ができたことを信じられないほどうれしく思うんだ。撮影現場でのたくさんの思い出が昨日の事のように思えるし、特にあの当時ジョニー・デップやロバート・デ・ニーロと一緒に仕事ができたなんて感激だよ」「宝くじに当たったようなものだったよ」と振り返った。

001l


sws-1383860419