独特のデフォルメを効かせたスタイルと可動部が豊富なことで人気の「ヴァリアブルアクション D-SPEC」に、SWビークルがラインナップされる!

 

 

第1弾のXウイング・スターファイターは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のルーク機。キャノピーが開閉し、コックピットにルーク・スカイウォーカーのフィギュアを、その後部にあるドロイド・ソケットには、R2-D2のフィギュアを乗せることができる。


151210_057

 

もちろん、両翼の付け根にあるSフォイルも動き、攻撃形態にすることも可能だ。

 

151210_025

 

さらに着陸用脚を付ければ、ヤヴィン4の基地で出撃準備中のスタイルにも。

 

151210_062

 

カラーリングやドロイドが異なる、他のレッド中隊機の発売にも期待したい。

 

<DATA>
ヴァリアブルアクション D-SPEC 「STAR WARS」X-WING
■サイズ:全長約12センチ
■セット内容:本体、フィギュア2体、台座
■2016年6月下旬発売予定
■価格:9,000円(税別)
■発売元:メガハウス
ヴァリアブルアクション D-SPEC スター・ウォーズ X-WING STARFIGHTER 約12cm ABS製 塗装済み可動フィギュア

 

 

そして、第2弾は『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した帝国軍の全地形対応装甲トランスポート、AT-AT。

 

こちらは4本の脚やコックピットの両サイドにある中型ブラスター砲、下部の重レーザー砲がそれぞれ独立して可動。

 

 

またコックピット上部や胴体両サイドのパネルが開き、付属の3体のストームトルーパーを乗せることができる。

 

151210_118151210_111

 

ウェザリングを加え、登場エピソードで異なる姿を再現してみるのも楽しそうだ。

 

 

<DATA>
ヴァリアブルアクション D-SPEC 「STAR WARS」 AT-AT
■サイズ:全長約12センチ
■セット内容:本体、フィギュア3体
■2016年7月下旬発売予定
■価格:9,000円(税別)
■発売元:メガハウス


ヴァリアブルアクション D-SPEC スター・ウォーズ AT-AT 約12cm ABS製 塗装済み可動フィギュア