news_header__DSC_0022


ウォルト・ディズニー商品の総合展示会「DISNEY EXPO JAPAN 2016」が、本日2月3日より東京・東京ビッグサイトにて開催。2016年に発売予定の新商品を含む、数々のグッズが紹介された。

今年で7回目を迎える同展では「Power of Story ~物語のチカラ~」をテーマに、ディズニー作品のほか、「ピクサー」「スター・ウォーズ」「マーベル」の最新グッズをいち早くお披露目。会場には8000点を超えるアイテムが集結した。

「スター・ウォーズ」コーナーには、R2-D2やC-3PO、ダース・ベイダーといったおなじみキャラのグッズが所狭しと並ぶ。中でも来場者の注目を集めたのは、和をテーマとしたコーナー。豆皿などの和食器から、おにぎり、餅、おせち、味噌といったグルメ商品まで取りそろえられた。また2015年12月に封切られた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に登場する、BB-8やカイロ・レンといった新キャラのグッズや、R2-D2の動く冷蔵庫も展示され、にぎやかな内容に。


news_xlarge__DSC_0021



「ピクサー」は作品ごとに異なるアプローチを見せ、7月16日に公開される新作「ファインディング・ドリー」はファミリー向け、「ファインディング・ニモ」は女性向け、2017年に新作が公開予定の「カーズ」は男性向けのデザインを提案。さらに「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」といった作品のグッズも登場し、会場をカラフルに彩った。


news_xlarge__DSC_0027



若者カップルのライフスタイルをイメージした「マーベル」ブースには、キャプテン・アメリカやアイアンマンのフィギュアだけでなく、衣類、雑貨など実用的なアイテムも。ディズニー担当者によれば、多くの商品は夏以降に店舗販売が予定されているとのこと。また会場内には、3000万円を超えるK24金製のスパイダーマン像の展示も。


news_xlarge__DSC_0005


 
ディズニーブースでは、7月1日公開の「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」で盛り上がりを見せる「ふしぎの国のアリス」など、バリエーション豊かなグッズが紹介されていた。

「DISNEY EXPO JAPAN 2016」は2月5日までの開催。