tot_screenshot_03

バーチャル・ライトセーバーの修練に備えよ――ルーカスフィルムと視覚効果の製作子会社インダストリアル・ライト・アンド・マジック(ILM)は今週、『Star Wars: Trails on Tatooine』のVR体験を発表し、『スター・ウォーズ』の世界をVRにもたらす第一歩を踏み出した。

『Star Wars: Trails on Tatooine』では、『HTC Vive』ヘッドセットを装着して15フィート四方の空間を歩き回れる“ルームスケールVR”を体験できる。ユーザーは惑星の表面を探索したり、形の崩れたミレニアム・ファルコン号に簡単なメンテナンスをしたりできる。R2-D2も登場し、最後にユーザーはストームトルーパーによる攻撃をライトセーバーで退けなければならない。

【『スター・ウォーズ』はILMxLABによる新しい体験と共にVRへ移行する】の続きを読む